必死で考える早漏の原因!追究して何とか改善して素敵な日々

早漏防止薬の個人輸入

男性のナイトライフの悩みのひとつに、パートナーを満足しない間に、射精してしまう早漏があります。

そんな早漏治療はあるのでしょうか?
早漏治療には、2つの医薬品を使う方法があります。
錠剤タイプの飲み薬とクリームタイプの塗り薬が代表的な医薬品があります。

錠剤タイプは、ダボキセチンを効成分とする医薬品です。
ポゼット、プリリジー、ダポキシー、デュラティア、プレジャックという医薬品が代表的です。
本来、ダボキセチンは、セロトニンを増やし、シナプスを手助けの働く作用がある有効成分として、使われた抗うつ剤でした。
副作用が早漏治療の効果があると着目したことで、開発されました。
副作用として、頭痛、吐き気、腹痛、下痢、疲労感などの症状が報告されています。
副作用は一時的で個人差がありますが、症状に改善がみられない場合、必ず医師にご相談ください。
注意事項として、中枢神経系の働きかける医薬品との併用は避けてください。また、男性用として製造された医薬品ですので、女性の服用禁止されています。

クリームタイプは、リドカインを有効成分とする医薬品です。
プリロックスクリームやロックスキシロカインゼリーが代表的です。
もともとは、局所麻酔薬として開発された成分であるため、即効性があり、一時的に神経を麻痺させる作用があります。
この作用に着目して早漏治療として利用されています。
身体のナトリウムチャンネルと結合して、ナトリウムイオンの透過を抑えることで効果があります。
効果効能は、クリームタイプなため、性交渉前に男性器に塗り使用します。
ただし、200mg以上の使用により、痙攣などの副作用があらわれると報告されています。また、頭痛、眠気、咽頭痛などの症状や手足のしびれや耳鳴りなどの症状もあらわれる可能性あります。
注意事項として、アレルギー反応があった場合には、使用を禁止されています。心臓病などの心疾患を患っている方や高齢者などに対して、使用される場合、用量・用法などを正しく守る必要があります。
オピオイド系鎮痛剤、アミオダロンの抗不整脈薬との併用は危険を伴う可能性がありますので避けてください。
副作用の症状や併用に伴いがあらわれる症状がある場合、必ず専門の医療機関や医師にご相談ください。

早漏治療の医薬品は、個人輸入が認められています。
個人輸入であれば、通販などで低価格で購入することが可能ですので、お得です。