必死で考える早漏の原因!追究して何とか改善して素敵な日々

ダポキセチンがもたらす効果

女性と性行為を行い、早く射精してしまって女性をガッカリさせてしまう、そんな早漏で悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。
そんな悩んでいる男性に知ってもらいたいのが早漏は薬で治るということです。
ダポキセチンという成分を含んでいる早漏防止薬としてプリリジーという商品が販売されています。
ヨーロッパの多くで認可されている薬で射精を遅らせる効果があるとして使用されています。
そもそもダポキセチンはうつ病の治療のために使用さてれいましたが、その利用者から性行為の射精が遅くなるという声が多く聞かれ、その結果早漏防止薬としても開発されるようになりました。
ダポキセチンには脳内物質のセレトニンの分泌を促し、その効果によって脳の興奮状態を鎮静化させることができます。
ですので、性的な興奮が絶頂に達するまでの時間が短いことから起こる早漏の人は、その興奮を抑えてリラックスさせて絶頂までの時間を引き延ばす効果があります。個人差はありますが、射精までの時間が大体3~4倍に延びるといわれています。
服用の際は性行為を行う1~3時間前に服用し、30mgと60mgがありますがどちらも24時間以内で合計60mgまでとなっています。よって30mgの方を服用してあまり効き目を感じない方は2錠まで服用することができます。
副作用についてですが、SSRIの薬なので安全性は高いとされています。しかし、頭痛、嘔吐感、血圧の上昇、腹痛、下痢といった症状になられる方がいます。また稀に蕁麻疹、発疹、呼吸異常といった副作用が出られる方もいますので、もしこういった症状が頻繁に出る方は医者に相談した方がよいでしょう。
この薬は18歳から64歳までの男性に適した薬ですので、18歳未満は服用できません。また高年齢者の方は医師の診断を受けてください。
また、チオリダジン、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)、中枢神経系に有効とされる薬と併用して服用するのは危険があるので絶対にしないでください。
今、日本でも同じ成分を含んだ商品が販売されていますが、個人輸入代行として海外から安く手に入れることも可能となっていますので、早漏でお悩みの方は一度早漏防止薬を試してみるのはいかがですか?